ぺたログ

健康に楽しく暮らす

コロナ・インフル・風邪に備えて、我が家の常備薬の漢方について

                        f:id:petarou2020:20201113221537p:plain

こんにちは、ぺたろうです。

f:id:petarou2020:20201114221441p:plain


 

新型コロナウイルス感染者の数が全国的に増えてきていますね。もういつどこで誰が感染してもおかしくない状況のように思えますね。

 

これからの時期は、風邪インフルエンザが流行する時期でもありますよね。

 

我が家では二種類の漢方を家に常備して体調不良のときに飲むようにしています。今日はその二種類の漢方についてご紹介したいと思います。

 

漢方は自分の身体の中の、病気を治癒する力を高めてくれる効果があり、このウイルスには利くけどあのウイルスには…というような分類の仕方ではないと理解しています。

ですので、コロナウイルスの場合にはこの漢方で、インフルエンザの場合にはこの漢方を飲む、という考え方ではなく、風邪症状のような体調不良を感じたら早めにこの漢方を飲む、と決めています。漢方は、個人の体質やそのときの症状によって適した物が違ってくるので、必ずしもすべての方の参考になるかはわかりません。

また、飲めば必ず症状が良くなるとも思っていませんが、心の支えというか、お守りのような存在です。

でも、服薬することで体調不良が良くなったことは何度もありました。

 

ぺたろうの記事はあくまで参考程度にしていただき、実際に漢方を服薬する場合は、お医者さんに相談したり、ご自分で薬の説明書きをよく読んでいただいたりすることをおすすめします。

 

 

 

我が家の常備薬その1【葛根湯】

これはとても有名な漢方ですよね。体調が悪くなったら飲む、という方多いのではないでしょうか。

ぺたろうは、悪寒、のどの痛み、鼻水、頭痛などの風邪症状はあるけれど、熱はないというときに葛根湯を飲むようにしています。葛根湯は体を温めて発汗を促し、ウイルスに抵抗する自分の力を高めてくれます。風邪の引き始めに早めに飲むと有効なようです。

 

今年は特にコロナウイルスがあるのでただの風邪か、コロナかまったく判断がつきませんよね。不調を感じたら早めに対処したいと思っています。

 

葛根湯の説明書きには「発熱時に」と書いてあるものもあります。ぺたろうは、熱がある場合には、次に紹介する麻黄湯を飲むことにしています。

風邪の引き始めには必ず葛根湯を飲むというお医者さんの書いているサイトがありましたのでリンクを貼っておきます。

 

brain-gr.com

我が家の常備薬その2【麻黄湯】

麻黄湯は、数年前に発熱して病院に行った際に処方された薬です。インフルエンザの検査の結果は陰性だったのですが、インフルエンザの可能性もゼロではない、というときに出された薬です。

お医者さんから「風邪にもインフルエンザにも効く薬です」と説明されました。実際飲んでからすぐ熱が下がったと記憶しています。

麻黄湯も、葛根湯と同じように、体を温めて発汗を促し、ウイルスに抵抗する力を高める薬です。

ただ、この薬も葛根湯と同様で、不調が出てから早めに飲まないとあまり効果を発揮できないようです。発熱の場合は、微熱の段階で飲み始めるのが理想です。

 

以前、ぺたろうは具合が悪いと思って熱を測ったときにはもう38℃を越しているということがありました。それから病院に行って麻黄湯を処方してもらって(この時もインフルエンザは陰性でした)飲んでも熱は一向に下がらず、それから4~5日は熱や倦怠感に苦しめられました。

そのとき、夫のまめおさんにもその風邪(インフルエンザ?)がうつったようで微熱が出てきたのでぺたろうが処方された麻黄湯を飲ませたところ、まめおさんは一晩で熱も下がって元気になりました。

 

ぺたろうも、それ以後は麻黄湯を家に常備して(発症してから通院して処方してもらうと時間がかかって症状が進んでしまう恐れがあるので)発熱したら微熱のうちに早めに麻黄湯を飲んでしっかり布団をかぶって眠るようにしています。そうすると夜中は体が熱くて汗をたくさんかくのですが、一晩たったらすっかり熱も引いて元気になっていることが多いです。

 

ただ、この麻黄湯、体力のある方に向いている薬とされています。胃腸の弱い方や、ご高齢の方には適さないようです。

 

 

漢方薬はコロナウイルスにも効果があるのか

新型コロナウイルスの初期症状の際に麻黄湯などを服薬すると効果が期待できるとおっしゃっているお医者さんもいます。しかし、重症化して肺炎にまでなってしまうと漢方薬で治療するのはなかなか難しいようです。

やはり、体調不良を感じたらすぐに服薬することが大切です。

そして、漢方薬を飲めば大丈夫!と慢心せず、症状が改善しなければ早めに病院に行くことをおすすめします。

 

 参照したサイト二つのリンクを貼っておきます。↓↓

yokohama-kekkan.com

misatoc.com

 葛根湯↓

麻黄湯↓

 

薬だけに頼らない

風邪症状などの不調が出ているときには、とにかく休養すること、そして体をしっかり温めることが大切です。

お仕事が忙しくて休めない…という方もいるかもしれませんが、頑張って休みましょう!

風邪などの症状が出るというのは、疲れが溜まって体の抵抗力が弱まっている可能性が高いです。

悪化してその後もっと大変な思いをするくらいなら、今、休みましょう!

 

おわりに

漢方薬はほんとうにいろいろな種類があるのでもっと詳しく勉強したいなあと思いつつ、結局ポピュラーな葛根湯と麻黄湯しか利用できていないのです・・・(^_^;)

漢方専門のお店なんかにもそのうち行ってみたいなあと思っています。

 

お読みいただきありがとうございます!

 

 

↓↓「体を温める」に関する記事

 

petarou2020.hatenablog.jp

 

 

petarou2020.hatenablog.jp