ぺたログ

健康に楽しく暮らす

自分で撮影した動画を、自分のブログ内でだけ公開する方法について

             f:id:petarou2020:20210112153914p:plain

こんにちは、ぺたろうです。

今回は、ブログに、自分で撮影した動画を載せる方法について紹介します。

 

 ブログに、自分で撮った動画を載せたいのだが…

f:id:petarou2020:20210112153925p:plain

f:id:petarou2020:20210112153936p:plain

f:id:petarou2020:20210112153947p:plain

f:id:petarou2020:20210112153957p:plain

f:id:petarou2020:20210112154027p:plain

 

 ブログに動画を投稿するには、Youtube以外の動画共有サイトを利用する方法もあるようなのですが、利用するなら一番身近なYoutubeがいいかなあと考えていました。

 

他の方がアップしたYoutube動画をブログに載せることが時々あったので、そんな感じで自分で撮った動画も載せたかったのですが…

 

ぺたろうは自分で撮った動画を自分のブログでは公開したいけれど、Youtubeでは公開したくなかったのです。

 

 

ぺたろうが自分で撮った動画を投稿したのはこの記事です。

petarou2020.hatenablog.jp

Youtubeに動画をアップするときには「公開範囲」を選ぶことができる

Youtubeに動画をアップすること自体初めてだったので知らなかったのですが、Youtubeに動画を投稿する際、①「公開」 ②「限定公開」 ③「非公開」の三つの設定のうち一つを選んで投稿します。

 

①「公開」は誰でも視聴が可能な状態で、Youtubeの検索結果や関連動画の欄にも表示されます。

 

②「限定公開」はリンクを知っている人が視聴可能な状態です。Youtubeの検索結果などに表示されません。

 

③「非公開」は指定した人のみ視聴可能な状態です。指定された人とは、動画をアップロードした人が登録したGoogleのアカウントを持っているユーザーのことです。URLが流出しても、指定されていないユーザーは見ることができません。

 

↓詳しい説明が載っているサイトです。

www.howtonote.jp

 

 

ということで、ブログにアップするときには②「限定公開」の設定にして、ブログに動画のURLを載せれば、ブログを見た方にだけ動画を視聴してもらうことができるというわけです。

 

※注意)

誰かがURLをコピーすればブログ以外で動画が見られる可能性もあります。

また、ブログを通して動画を観たYoutubeユーザーの誰かが、動画を公開再生リストに追加すると、Youtubeの検索結果に出てしまうようです。

 

はてなブログに「限定公開」設定のYoutube動画を載せる方法 

はてなブログで動画を埋め込んで公開する(↓↓のような状態)方法についてもご紹介します。

 

www.youtube.com

Youtubeでアップしたい動画のURLをコピーし、「編集見たまま」の画面に張り付けます。そうすると、「埋め込み」という選択肢が出てくるので、それを選択すればオーケーです。

 

限定公開でなく、誰にでも公開されている動画だったら、はてなブログ編集画面の右の方にある「Youtube貼り付け」ボタンから動画を検索する、という方法もあります。

 

YouTubeに動画をアップする際の注意点

 

今回初めてYoutubeに動画をアップして知ったのですが、YouTubeの動画の情報画面に出てくる自分の名前は、Googleに登録している名前なのです。

 

ですから、Googleアカウントに本名で登録している場合、YouTubeの画面にも本名が出てしまいます。

本名を明かしたくない場合は、Googleの名前もニックネームなどに変更しましょう。

(ぺたろうは、動画をアップする際に、姓を「ぺた」名を「ろう」に変えました。)

 

Googleアカウントの名前を変更する方法については下記のサイトをご覧ください。

 

dime.jp

 

 

おわりに

ブログは、文章だけでなく、イラストや写真、動画、リンクなどいろいろな媒体を使って、情報を発信できることも大きな魅力ですよね。

自分で撮った写真を載せるのは、ブログ以外のサービスを経由しなくても良いのでけっこう気楽にできていたのですが、「動画」に関してはけっこうハードルが高いと感じていました。

 

他のサービスで動画を公開することなくブログに載せられると知って、「ブログに自分で撮った動画を載せる」ことのハードルが一気に下がりました。

 

今後もいろいろな方法を学び、より分かりやすくいろいろな情報を伝えていけるよう精進していきたいなあと思います。

 

お読みいただきありがとうございました。